スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

携帯サイトでPHPを使い共通部分や広告管理を簡単にする

PHPを使って共通部分や広告部分を管理しやすくする方法は携帯サイトに限らずPCサイトでも使われているが、今さらながらメモしてみる。
まず、.htaccessに
AddHandler x-httpd-php .php .htm .html .xml .class

と記述。「.php .htm .html .xml .class」の拡張子が付いてたらphpを使いますって事。
本当は、htmlファイルでだけphp使えればいいけど、今後どういうサイト作るか解らないので、そのたびに書き加えるのが面倒なため他の拡張子のファイルも指定。

htmlファイルの方には

<?php header('Content-Type: application/xhtml+xml; charset=utf-8'); ?> <!DOCTYPE html PUBLIC "-//WAPFORUM//DTD XHTML Mobile 1.0//EN" "http://www.wapforum.org/DTD/xhtml-mobile10.dtd"> <html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">

こんな風にheadの上に記述。
今回utfにしてみたので、外部PHPファイルもutfで保存。
htmlのbody中に外部PHPファイルを読み込む記述をする。

<?php include("./koukoku.php"); ?>

「koukoku.php」を読み込むという記述なので「koukoku.php」というファイルを作る。
このファイルに記述された内容が丸々読み込まれるので、ためしに

<p>広告が入る</p>

と記述。
アップして確認してみると読み込み部分に「広告が入る」という文字が表示されていたら成功。
ここにアフィリのソースを記述すればアフィリ広告が表示される。
広告張替の際、htmlファイルから削除せず、外部PHPファイルを書き換えることで作業が簡単に済む。
また、別ページにも同じ広告を表示させる場合、PHPファイルが1枚で済む。
他にも外部へのリンク集なども外部PHPファイルにする事で、流用ができるので作業が楽になる。
関連記事

テーマ : webサイト作成
ジャンル : コンピュータ

コメント

非公開コメント

プロフィール

markmark2

Author:markmark2
モバイルサイトを作っています。制作方法などをメモがわりな感じで更新。

最新記事
広告
カテゴリ
広告
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。