スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガラケー用のxhtmlあまり触らなくなりました

以前は、ガラケー用にサイトを制作して、見た目をなるべくよくしようといろいろサイトをいじってました。
ガラケー独特の3キャリアで仕様が違う為に共通でビジュアルの差異をすくなくする用のXHTMLタグは面倒でしたが、慣れてくると、ガラケーの勝手サイトの割には見た目が良くなるので、それはそれで達成感があったわけです。
しかし、最近はスマホ主流になりつつあるためHTML5を覚えたいなと思っています。
このままガラケーがすたれていくと今まで使ってたあの変わったタグの打ち方が必要なくなるのも覚えた手前もったいない感じもしますが・・・・。
スポンサーサイト

テーマ : 携帯サイト
ジャンル : 携帯電話・PHS

PC、スマホ、ガラケーサイト用に.htaccessで表示を振り分ける

メインのPCサイトをスマホ用サイト、ガラケー用サイトに振り分ける.htaccessの記述メモ。

AddHandler x-httpd-php .php .htm .html .xml .class

RewriteEngine on
# mobile
RewriteCond %{REQUEST_URI} !(^/m/)
RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} ^(DoCoMo|KDDI|DDIPOKET|UP\.Browser|J-PHONE|Vodafone|SoftBank)
RewriteRule ^(.*)$ /mobile/ [R,L]

# iPod
RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} iPod
RewriteRule ^$ /sp/ [R]

# iPhone
RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} iPhone
RewriteRule ^$ /sp/ [R]

# iPad
RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} iPad
RewriteRule ^$ /sp/ [R]

# Android
RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} Android
RewriteRule ^$ /sp/ [R]

一行目は、振り分けとは関係ないソースです。内容は、いろいろな拡張子でもPHPが使えるようにしてあります。

以降は振り分けです。

とりあえず、メインはPCサイトで、ガラケーだったらmobileディレクトリへ飛びます。

ipod、iphone、iPad、Androidならspディレクトリに飛ぶようにしています。 PCなら、そのまま表示します。 iPadとかのタブレット用までつくるのも面倒だったのでスマホ用に統一しました。

 

それから、mobile、spのデイレクトリにも.htaccessを置いています。内容は

RewriteEngine off

だけです。

それぞれのディレクトリに、ガラケー用、スマホ用のhtmlファイルと.htaccessを置いてます。

スマートフォン用のサイト制作

ガラケーサイトの需要が減り、スマホ需要が高まってきたためスマホサイト制作を徐々にやり始めました。
スマホサイトはHTML5ですがなんとかシンプルなサイトなら作るのはそんなに難しくは無いようです。
逆に、ガラケー用サイトで、デザインに凝ろうとすると、3キャリアで見え方がなるべく共通に見えるように考えなければならなかったので、スマホ用作った方が楽にも感じます。
ただ、今のところまだガラケーからのアクセスもあるので、ガラケー、スマホ、PC用に3つ作って自動的に振り分けるようにしています。

ガラケー用のアクセスがほとんどなくなったら、そのうち、PC、スマホのみに移行しようと思います。

ガラケー携帯サイト作成のこの先は?

携帯サイト(ガラケー)の作成をしたりしていましたが、携帯電話じたいがスマホに移り変わりかなり需要がへってきました。
まだ多少需要はあっても、最近ドコモが発表した新規機種では16種類ぐらいだったかな?その中でガラケーは一機種のみ。
他はすべてスマートフォンだったみたいです。
これからは、スマートフォンのみに近づいていきそうです。
ガラケーより、スマホ閲覧しやすいサイトの作成に力をいれようかと思っています。

テーマ : 携帯サイト
ジャンル : 携帯電話・PHS

携帯サイトでPHPを使い共通部分や広告管理を簡単にする

PHPを使って共通部分や広告部分を管理しやすくする方法は携帯サイトに限らずPCサイトでも使われているが、今さらながらメモしてみる。
まず、.htaccessに
AddHandler x-httpd-php .php .htm .html .xml .class

と記述。「.php .htm .html .xml .class」の拡張子が付いてたらphpを使いますって事。
本当は、htmlファイルでだけphp使えればいいけど、今後どういうサイト作るか解らないので、そのたびに書き加えるのが面倒なため他の拡張子のファイルも指定。

htmlファイルの方には

<?php header('Content-Type: application/xhtml+xml; charset=utf-8'); ?> <!DOCTYPE html PUBLIC "-//WAPFORUM//DTD XHTML Mobile 1.0//EN" "http://www.wapforum.org/DTD/xhtml-mobile10.dtd"> <html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">

こんな風にheadの上に記述。
今回utfにしてみたので、外部PHPファイルもutfで保存。
htmlのbody中に外部PHPファイルを読み込む記述をする。

<?php include("./koukoku.php"); ?>

「koukoku.php」を読み込むという記述なので「koukoku.php」というファイルを作る。
このファイルに記述された内容が丸々読み込まれるので、ためしに

<p>広告が入る</p>

と記述。
アップして確認してみると読み込み部分に「広告が入る」という文字が表示されていたら成功。
ここにアフィリのソースを記述すればアフィリ広告が表示される。
広告張替の際、htmlファイルから削除せず、外部PHPファイルを書き換えることで作業が簡単に済む。
また、別ページにも同じ広告を表示させる場合、PHPファイルが1枚で済む。
他にも外部へのリンク集なども外部PHPファイルにする事で、流用ができるので作業が楽になる。

テーマ : webサイト作成
ジャンル : コンピュータ

プロフィール

markmark2

Author:markmark2
モバイルサイトを作っています。制作方法などをメモがわりな感じで更新。

最新記事
広告
カテゴリ
広告
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。